calculator

学部卒業時にブログ開始
最近なんと2年振りにブログ再始動
戦略コンサルタントの徒然なるブログ
<< 企業法くらい合格したい | main | たつみや/鰻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
IFRSの仕組み
ふと本屋に言ってみると面白そうな本が。
自分の学士論文と同テーマのものがあったのでつい手にとってしまった。
あまり財務会計に明るくない人にもわかりやすく書いてある。
IFRSをてっとりばやく知りたい人にはお勧めの馬鹿本ではないかね。





----------------------------------------------------------

以下は筆者の備忘録なのであくまでご参考程度。


■国際財務報告基準(IFRS)の構成要素
 IFRS
 IAS
 IFRIC
 SIC
この4つが効力を発している

■コンバージェンス(収斂)からアドプション(採用)へ
 2002年の「ノーウォーク合意」は、FASBとIASBのコンバージェンスを目指すというもの。
 2008年11月に、FASBはアドプションへの方向転換を正式に発表

■FASBとIASBとの差異
 FASBは細則主義、IASBは原則主義

■IFRSの特徴
・ 日本で言う損益計算書は、2つのパタンの包括利益計算書として認められている
(餝舁益計算書を単独で開示
⊇祥茲梁傘弖彁蚕顱椶修梁召諒餝舁益を調整する計算書、によるダブル開示
・ 注記の分量が多い
・会計方針の変更時に、遡及修正を実施する。
・会計方針の変更と、見積もりの変更を区別。
・四半期財務諸表の作成ルールは、基本的に期末財務諸表の作成ルールにあわせる必要がある。
→簡便な方法が認められている日本基準と比較して、実務上多大な負担になるといわれている。

■筆者が勉強していた頃からの日本基準における変更点
・マネジメント・アプローチによりセグメント情報を開示。


■企業結合(IFRS)
【定義および概要】
・定義:1つ以上の「事業」に対する支配の獲得
・企業が取得したものが「事業」ならば、企業結合会計が適用されるため、「資産グループ」の取得か「事業」の取得かを見極める必要がある。
・ここで、「事業」とは、経済的便益を投資家等の利害関係者に対して直接提供することを目的として営まれ、かつ管理されることが可能な統合された一組の活動および資産をいう。

【プロセス】
・ー萋栖覿箸侶萃蝣⊆萋斉の決定(実質的な支配譲渡日)→譲渡対価の決定
| CPA | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 17:55 | - | -
コメント
なんと!
たまたま1年以上ぶり?開いてみたら
更新してるじゃない★
奇遇ですな。
IFRS勉強しなきゃと日々思っているところです・・・。
| ぱいん | 2009/04/10 9:40 PM |
あら偶然ね!再開後、コメント第一号よ。
サンキューです。

お互いグローバル化に負けぬよう頑張りましょう!
| 筆者 | 2009/04/12 2:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mban.jugem.jp/trackback/234
トラックバック
time
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
berry
SELECTED ENTRIES
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode